総量規制対象外のカードローンのメリットと特徴

総量規制対象外のカードローンの契約を行うメリットがあるのは、年収が低い場合や専業主婦などのように安定的な収入が見込めない立場の場合です。貸金業法に規定されている総量規制に従うと、年収の3分の1以上の貸付を行うことができないものと定められています。したがって貸金業法の規制を受ける貸金業者においてはカードローン等の契約を行うこと自体ができないのです。そのためそのような人にとって総量規制対象外の契約が可能な銀行等のカードローンサービスには契約することが検討可能であるというメリットがあるのです。
しかしながら検討が可能であると言う事はハードルが低いということを意味するのではありません。銀行は貸金業法ではなく銀行法と言う別の法律によって規制を受けていますが、その中には総量規制と言う決まりがない代わりに別の審査基準が存在しています。いずれにしても返済能力がない人に対してお金を貸し付けると言う事は無いのです。そのため練習以外の何らかの方法により返済能力があるということを銀行側に納得してもらうことが契約成立のためには必要になります。例えば配偶者の収入があることや、何らかの財産思っている事は返済能力があるということを証明する1つの手段として活用することができます。貸金業法では明確に年収の3分の1と言う基準が決まっているため、銀行のような柔軟な対応することができません。しかし銀行も一般的には返済能力の確認は厳格に行います。